【急募】AKB48好きな女性グランプリ 1 横山由依 2 山本彩 3 渡辺麻友 4 向井地…

【急募】AKB48好きな女性グランプリ 1 横山由依 2 山本彩 3 渡辺麻友 4 向井地…

AKB48好きな女性グランプリ 1 横山由依 2 山本彩 3 渡辺麻友 4 向井地…

AKB48好きな女性グランプリ 1 横山由依
2 山本彩
3 渡辺麻友
4 向井地美音
5 柏木由紀
6 高橋みなみ
7 板野友美
8 前田敦子
9 大島優子
10 松井玲奈
11 宮脇咲良
12 篠田麻里子
13 小嶋陽菜
14 北原里英
15 あんにん
16 さっしー
17渡辺美優紀
18松井珠理奈

アンサー

完全にカテ違い。
こんなことしてると違反報告しちゃうぞ。。。
↑こう思ったが、ちゃっかり違うカテにも載せてやがる|д゚)ナント!
競馬に関する質問がないなら競馬カテに載せない事。
みんなに嫌われてもいいなら好きにしなさい。
◆迂闊にも、「競馬カテなのにゆいゆいの名前がない!」
とか思ってしまった・・・、ゆいゆい推しの皆さん
ごめんなさい<(_ _;)>


質問タグ:あんにん,向井地美音,AKB48,宮脇咲良,指原莉乃,競馬カテ,ゆいゆい

【急募】以下の16項目を『好き』か『嫌い』で無理やりにでも分けた時に『好き…

以下の16項目を『好き』か『嫌い』で無理やりにでも分けた時に『好き…

以下の16項目を『好き』か『嫌い』で無理やりにでも分けた時に『好き』に入る番号を教えてください
① Hungry Spider(槇原敬之さんの楽曲) ② 愛の十字架(KinKi Kids 堂本光一さんの楽曲)
③ 勝手にしやがれ(沢田研二さんの楽曲)
④ キングコング(西野亮廣さん 梶原雄太さん )
⑤ 品川庄司(品川祐さん 庄司智春さん)
⑥ シャンプーハット(こいでさん てつじさん)
⑦ めちゃ×2イケてるッ!(バラエティ番組)
⑧ ブラック・ジャック(漫画)
⑨ 銀魂(漫画)
⑩ 上西怜(NMB48)
⑪ 高橋由伸(読売ジャイアンツ)
⑫ ボーイズラブの漫画
⑬ 少しHなラブコメの少年漫画
⑭ 澁谷果歩(AV女優)
⑮ ロブソン・ポンテ(元浦和レッズ)
⑯ 大河ドラマ

アンサー

「どちらでもない」ってものはたくさんありますが、「嫌い」ってほどのものではないから、全部「好き」って回答でいいんですかね?


質問タグ:ボーイズラブ,庄司智春,西野亮廣,梶原雄太,Hungry Spider,たくさん,ほど

【完全版】〔歌手・misono(33)11月頃~体調不良(膀胱炎や吐き気、頭痛等複数…

〔歌手・misono(33)11月頃~体調不良(膀胱炎や吐き気、頭痛等複数…

〔歌手・misono(33)11月頃~体調不良(膀胱炎や吐き気、頭痛等複数の症状)〕
歌手のmisono(33)が19日に更新したブログで、
入院を勧められたものの断ったことを明かした。
ぼうこう炎や吐き気、頭痛など複数の症状に襲われたとしている。
ブログによるとmisonoは
今月2、3日の仕事を終えたら休養を取ろうとしていたが、
4日は休めたものの5日以降は毎日、働きづめになったという。
その後もハードスケジュールが続いたそうで、
15日に病院に行くと
「入院できるなら今すぐしてください」と勧められた。
しかし、断ったという。
misonoは「膀胱炎、吐き気、腹痛、頭痛、腰が激痛で。
初めて!歩けず、立ち上がれず、眠くても寝れず」
と体調が悪化している模様。
人間ドックにおいても“E判定”が2つあったそうで、
「いい機会なので…自分の言動を、改めて見つめ直してみます」
と静養に努める考えがあることを示した。
***
>15日に病院に行くと
「入院できるなら今すぐしてください」と勧められた。
〔大阪朝日放送・浦川泰幸アナ(46)
体調不良で5日~半月以上番組を休演〕
等でも触れたように、
特に2011年以降、
少なくとも比較的著名人の間においても、
東日本を中心として日本全土で
不自然な急死&急病事例が相次いでおりますが、
特に、
近年、漫画業界&声帯業界(特に声優)
の訃報&重篤疾患の罹患
が際立っている印象を強く感じます。
最近の(「福島県」を中心とした)
東日本広域においても、
比較的若年層の著名人の訃報
&重篤疾患の急増から推測しても、
地理的&時系列的にも、
被曝疾患としての側面が
非常に強いと言えるのではないでしょうか?
特に、チェルノブイリの経験則から、
被曝疾患の爆増期に相当する2016年度以降、
(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因
のある方等)被曝感受性の強い方から順に
被曝影響が顕在化傾向にあると
言えるのではないでしょうか?
特に、
今日の日本国内の汚染食材等の流通状況や
全国での汚染がれき焼却等を鑑みても
西日本方面に関しても、例外ではなく、
「愛知県が直接被曝のボーダーライン
(セシウム合算50Bq/kg以下)」
〔愛知県土壌汚染平均:セシウム合算20~30Bq/kg
⇒チェルノブイリのフランス
(ホットスポット・南フランスを除く)
の平均汚染に相当〕
〔⇒間接被曝も含めると、日本全土が被曝地帯〕」
内外被曝の合算値(積算被曝量)が
東日本方面の残留民の被曝値(積算被曝量)に
徐々に近づいているであろうことは
概ね予想できます。
そして、
(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因
のある方等)被曝感受性の強い方から順に
被曝影響が顕在化傾向にあると
言えるのでは?

アンサー

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
大久保佳代子 甲状腺に腫瘍見つかる…悪性か良性か不明、医師「早急に精密検査を」
ウィキペディア等で、有名人の癌について調べてみました。
以下、癌で亡くなった方と、現在闘病中の方(完全に回復した方を含む)について列挙した結果です。
◆は亡くなった方です。
◆の方の名前の後の情報は、亡くなった年月日(没年齢)/癌の種類 になります。
記載した情報は全て、ウィキペディア等に掲載されているもので、どなたでも同じ情報を確認することが可能です。
———————–
亡くなった方々
1980年代
◆越路吹雪/1980年11月7日(満56歳没)/胃癌
◆横溝正史/1981年12月28日(/満79歳没)/結腸ガン
◆夏目雅子/1985年9月11日(満27歳没)/急性骨髄性白血病
◆石原裕次郎/1987年7月17日(/満52歳没)/肝臓癌
◆宇野重吉/1988年1月9日(満73歳没)/肺がん
◆堀江しのぶ/1988年9月13日(満23歳没)/スキルス性胃癌
◆松田優作/1989年11月6日(満40歳没)/膀胱癌
1990年代
◆渥美清/1996年8月4日(満68歳没)/転移性肺癌
◆逸見政孝/1993年12月25日(/満48歳没)/スキルス胃癌
◆勝新太郎/1997年6月21日(/満65歳没)/下咽頭癌
2000年代
◆アンディ・フグ(キックボクサー)/2000年8月24日(/満35歳没)/急性前骨髄球性白血病
◆藤井将雄(プロ野球選手)/2000年10月13日(満31歳没)/肺癌
◆中谷一郎/2004年4月1日(満73歳没)/咽頭癌
◆松原みき/2004年10月7日(満44歳没)/子宮頸癌
◆貴ノ花利彰(元大関貴ノ花)/2005年5月30日(/満55歳没)/口腔底癌
◆杉浦日向子/2005年7月22日(満46歳没)/下咽頭癌
◆本田美奈子/2005年11月6日(満38歳没)/急性骨髄性白血病
◆仰木彬/2005年12月15日(満70歳没)/肺癌
◆絵門ゆう子/2006年4月3日(満49歳没)/乳癌
◆中島忠幸(カンニング)/2006年12月20日(満35歳没)/急性リンパ性白血病
◆羽田健太郎/2007年6月2日(満58歳没)/肝細胞癌
◆阿久悠/2007年8月1日(満70歳没)/腎臓癌
◆島野育夫(元プロ野球コーチ)/2007年12月15日(満63歳没)/胃癌
◆加藤博一(元プロ野球選手)/2008年1月21日(満56歳没)/肺ガン
◆深浦加奈子/2008年8月25日(満48歳没)/S状結腸癌
◆緒形拳/2008年10月5日(満71歳没)/肝癌
◆峰岸徹/2008年10月11日(満65歳没)/肺癌
◆筑紫哲也/2008年11月7日(満73歳没)/肺癌
◆忌野清志郎/2009年5月1日(満58歳没)/喉頭癌
◆川村カオリ/2009年7月28日(満38歳没)/乳癌
2010年代
◆田中好子(元キャンディーズ)/2011年4月21日(満55歳没)/乳がん
◆坂口良子/2013年3月27日(満57歳没)/横行結腸癌
2013年3月27日午前3時40分、横行結腸癌および肺炎のため死去。
同月中旬には『週刊女性』が坂口の重病説を報道、これに対して坂口は自身のブログで、前年末から腸閉塞・肺炎・インフルエンザに罹患し、点滴治療を受けるなどして静養中であると説明していた。
◆島倉千代子/2013年11月8日(満75歳没)/肝臓癌
◆やしきたかじん/2014年1月3日(満64歳没)/食道癌
2012年1月31日には公式ウェブサイトで、食道癌(早期のものと発表していたが、実際は進行していたという)治療のため芸能活動を休止することを発表した。
◆淡路恵子/2014年1月11日(満80歳没)/食道がん
また直腸がんの手術も成功していたが、2013年9月以降食事を受け付けなくなり、徐々に体力が落ちていき、所属事務所の社長の話によれば、2014年1月9日に会ってから容体が急変したという。
◆蟹江敬三/2014年3月30日(満69歳没)/胃がん
◆渡辺淳一/2014年4月30日(満80歳没)/前立腺癌
◆高倉健/2014年11月10日(満83歳没)/悪性リンパ腫
◆ジョニー大倉/2014年11月19日(満62歳没)/肺癌
◆菅原文太/2014年11月28日(満81歳没)/肝がん
◆石井光三/2015年1月6日(満83歳没)/肝内胆管がん
◆大豊泰昭(元プロ野球選手)/2015年1月18日(満51歳没)/急性骨髄性白血病
◆斉藤仁(元柔道金メダリスト)/2015年1月20日(満54歳没)/肝内胆管がん
◆シーナ(シーナ&ザ・ロケッツ)/2015年2月14日(満61歳没)/子宮頸癌
◆坂東三津五郎/2015年2月21日(満59歳没)/すい臓癌
◆愛川欽也/2015年4月15日(満80歳没)/肺がん
◆今井 雅之/2015年5月28日(満54歳没)/大腸癌
◆今いくよ/2015年5月28日(満67歳没)/胃がん
◆黒木奈々/2015年9月19日(満32歳没)/胃癌
◆川島なお美/2015年9月24日(満54歳没)/肝内胆管癌
◆盛田幸妃/2015年10月16日(満45歳没)/脳腫瘍
◆松来未祐/2015年10月27日(満38歳没)/悪性リンパ腫
◆元横綱 北の湖理事長/2015年11月20日(満62歳没)/直腸癌
◆フジモトマサル/2015年11月22日(満46歳没)/慢性骨髄性白血病
◆杉本章子/2015年12月4日(満62歳没)/乳がん
◆竹田圭吾/2016年1月10日(満51歳没)/膵臓がん
◆松原正樹(ギタリスト)/2016年2月8日(満61歳没)/十二指腸がん
◆村田和人(シンガー・ソングライター)/2016年2月22日(満62歳)/大腸がん
◆江戸家猫八/2016年3月21日(満66歳)/進行性胃がん
◆和田光司/2016年4月3日(満42歳)/上咽頭がん
2016年4月3日早朝、上咽頭がんにより死去。42歳没。
◆山本功児(プロ野球選手)/2016年4月23日(満64歳)/肝臓がん
2016年4月23日、北九州市内の自宅で肝臓がんの為逝去。64歳没。
◆松智洋/2016年5月2日(満43歳)/肝臓癌
2016年5月2日、肝臓癌により43歳で死去した。
◆水谷優子/2016年5月17日(満51歳)/乳癌
2016年5月17日、乳癌のため死去。51歳没。
◆今坂勝広(ボートレーサー)/2016年5月21日(満40歳)/胃癌
ボート選手の今坂勝広氏(いまさか・かつひろ)が21日午後6時55分、胃がんのため死去した。40歳。
◆千代の富士貢/2016年7月31日(満61歳)/すい臓癌
2016年7月31日午後4時頃、東京大学附属病院で死去。61歳没。
◆川島道行/2016年10月9日(満47歳)/脳腫瘍
2016年10月9日、脳腫瘍のため逝去。47歳没。
◆平尾誠二/2016年10月20日(満53歳)/胆管細胞がん
2016年10月20日午前7時16分、京都市内の病院で死去。53歳だった。前年秋から胆管細胞がんの闘病中であったことが明らかになった。
◆黒沢健一(L⇔R)/2016年12月5日(満48歳)/脳腫瘍
2016年12月5日に脳腫瘍により逝去。48歳没。
黒沢健一 – Wikipedia
◆松方弘樹/2017年1月21日(満74歳)/脳リンパ腫
2017年(平成29年)1月21日午前11時26分、脳リンパ腫により死去。74歳没。
松方弘樹 – Wikipedia
◆時天空慶晃
2017年1月31日午前1時12分、東京都内の病院(死因は悪性リンパ腫)で死去。37歳没。
◆かまやつひろし
2017年3月1日18時5分、膵癌のため東京都内の病院で死去。78歳没。
◆渡瀬恒彦
2015年(平成27年)の夏から秋にかけ、体調不良による入院で検査の結果胆嚢がんが見つかり、5か月間仕事を入れずに抗がん剤と放射線による治療に専念。
◆一色徳保(つばき)
闘病中だったつばき・一色徳保が5月9日午前10時8分、脳腫瘍のため逝去した。37歳だった。
◆野際陽子
2017年(平成29年)6月13日、肺腺癌の為81歳で死去。
◆小林麻央
2017年6月22日夜、自宅にて死去。34歳没。
◆つかじ俊/2017年9月25日(満27歳)/大腸癌
平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。
生前、作品を愛して下さいました皆様
又、お世話になりました先生、出版関係の皆様には深く感謝申し上げます。
人数(◆亡くなった方)
1980年代 7人
1990年代 3人
2000年代 20人
2010年代 46人
1990年代までは少ない人数で推移していましたが、2000年代に急増します。
そして驚くべきは、2010年代です。
まだ、7年と9ヶ月しか経っていないにもかかわらず、46人と、2000年代の2倍以上の人数となりました。
私が、感覚的に感じた、
『ここ最近、芸能人も含めた、有名人の癌が多すぎないか?』
という疑問を数字的に裏付ける形になります。
間違いなく、有名人の癌による死亡は増加しているのです。
続いて、この数字に、生存している方(◇)のデータを加えてみます。
(生存している方(◇)については、年代別には、癌が発生した年を基準に分類した上で、加えます)
人数(◆亡くなった方+◇生存している方)
1980年代 8人
1990年代 4人
2000年代 27人
2010年代 79人
これは凄い数字です、2010年代は、まだ7年と9ヶ月しか経過していないにも関わらず、2000年代の2.9倍もの人数の有名人が癌を発症していることになります。
もし、このまま同じペースで癌が発生したとしたら、
2010年代の予測値は、79人÷7.75(7年9ヶ月)×10=101人になります。
そうなると、2000年代→2010年代にかけて、
101人÷27人=約3.7倍も有名人の癌患者が増えていることになります。
また、2010年~2015年の6年を、
①2010年~2012年(3年)
②2013年~2015年(3年)
③2016年?2017年(1年9ヶ月)
に分けて、それぞれの人数をカウントしてみると、
①6人
②35人
③38人
なんと、全79人中、92.4%と、9割以上の73人が、②以降の期間に死亡又は癌が見つかっているのです。
そして、驚くべきは、③がまだ1年と9ヶ月しか経過していないにもかかわらず、②の期間の人数(35人)を超える38人が癌になってしまっていることです。
①は3年で、③は1年と9ヶ月です。
これで、疑問は確信に変わりました。
有名人の癌患者は、間違いなく急増しているのです。
◆ここは質問回答サイトです。
このような工作活動は他所でやってください。
こんな事をしていても現実はかわりません。
いつまでこんな茶番を続けるのですか?


質問タグ:チェルノブイリ,既往歴,セシウム合算,misono,被曝感受性,今坂勝広,急性骨髄性白血病

【ビックリ】率直な疑問です。岩手県出身、関係者(主に富士大)のプロ野球選手で…

率直な疑問です。岩手県出身、関係者(主に富士大)のプロ野球選手で…

率直な疑問です。岩手県出身、関係者(主に富士大)のプロ野球選手でチームを作ったらどれくらい強いチームになると思いますか?シーズン通したらセパで何位くらいになりそうですか?メンバーは 以下の通りです。
投手
菊池雄星(西武)
大谷翔平(日本ハム)
松本裕樹(ソフトバンク)
多和田真三郎(西武)
小野泰己(阪神)
高橋樹也(広島)
中村恭平(広島)
風張蓮(ヤクルト)
下沖勇樹(ソフトバンク)
千葉耕太(楽天 育成)
木村正太(巨人 戦力外)
三浦翔太(ソフトバンク 戦力外)
捕手
銀次(楽天)
内野手
畠山和洋(ヤクルト)
山川穂高(西武)
阿部寿樹(中日)
梶本勇介(ヤクルト→オリックス戦力外)
外野手
外崎修汰(西武)
岸里亮佑(日本ハム)
志田宗大(ヤクルト引退)
DH
大谷翔平
野手こそ少ないものの投手をコンバートさせれば代打も作れそう。
見落としがあったらごめんなさい。
ローテーションや打順(コンバートさせる投手など)もお願いします。

アンサー

全体で9位くらい
◆ダントツ最下位ですね。


質問タグ:高橋樹也,外崎修汰,松本裕樹,ヤクルト,ソフトバンク,ダントツ最下位,全体